なつみかん。

アニメを見て気が向いたときに聖地巡礼しています。

DivX Stage6がYouTubeに勝てない理由

今月2日にスタートした動画共有サイト「Stage6」はYouTubeよりも遥かに高画質で保存も簡単、ダウンロードも驚くほど速いことから話題を呼びました。いろんなニュースサイトで紹介されたので多くの人はStage6を知っているはず…なのですが、約1か月経った今、その凄さにも関わらずあまり普及していないように感じられます。

  1. はてブでStage6の動画がほとんどブクマされていない(YouTubeの動画は連日人気エントリーに登場している)
  2. はてブに限らず、まとめサイト以外でStage6の動画へのリンクをほとんど見かけない(YouTubeの動画はいろんな所で紹介されている)
  3. そもそも、Stage6に動画がそれほどUPされていない(ような気がする。)

というのが主な理由ですが、ではStage6と比較した場合の「YouTubeの強み」とは何でしょうか。

YouTubeはコンテンツの直リンクを推奨している


YouTubeは誰でも動画をUPできることに加え、UPされた動画は誰でも自分のページに埋め込むことができます。これはYouTubeの最も奇怪で、従来の常識ではちょっと考えられない所です。今でも一般的に動画はもちろん、画像でさえ他人のサーバ上のデータを勝手に利用する事は負荷を増大させることからタブーとされています。しかし驚く事にYouTubeは各ページに埋め込み用のHTMLまで表示し、コンテンツの直リンクを許すばかりか推奨しています。しかも無料で。

そのせいかYouTubeは転送料だけで月に100万ドルかかっているとも言われ、瀕死説まで浮上していますが、とにかくこれはStage6には真似できない、YouTubeの大きな特徴だと思います。

YouTubeはFlashプラグインがあれば見れる


YouTubeの動画はFlashのプラグインがあれば誰でも見る事ができます。今はほとんどのブラウザにFlashプラグインは標準で入っているので、事実上「何もしなくとも見れる」と言えるでしょう。

一方、Stage6の動画を楽しむためには別途DivXのプラグインをインストールする必要があります。大した手間ではないとは言え、初心者の方にとってはやや敷居が高いのかもしれません。

Stage6ほどの高画質は必要とされていない?


Stage6で配信されている動画は驚くほど高画質です。特に新海誠さんの「秒速5センチメートル」のPVは息を呑む(という言葉では語り尽くせない)ほど美しく、この凄さはYouTubeではとても伝えきれないだろうな…とは思いますが、逆にそれほどの画質を必要とするものは少ないのではないでしょうか。

もちろん綺麗な事に越した事はありませんが、例えば家庭用のビデオで撮影された映像ならYouTube程度でも十分なのでは。むしろ画質よりはFlashで誰でも気軽に見れたりとか、どんなページにも埋め込める利便性の方が重要かもしれません。もちろん個人でもスゴイ映像を作る人はいるでしょうけど、全体からするとごく少数だと思います。

Stage6とYouTubeの今後


タイトルに「勝てない」と書きましたが、もちろんStage6とYouTubeは対立する存在ではなく住み分けがされて行く事と思います。Stage6はユーザーが動画をオンラインで販売できる仕組みも実装する予定だそうですし。両者ともいつまで続けられるのか良く分からないほど太っ腹なサービスですが、今後も頑張って頂きたいなと。

そしてStage6だけではなく、iTMSでHD品質の映像が買えるようになれば言う事はありません(何年後になるでしょうか…)。

関連


| Web | このエントリーをはてなブックマークに追加

SEARCH

RECENT ENTRIES

RECOMMEND

4041047803
新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

RECOMMEND

B01BMBSO9Y
ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]

RECOMMEND

B01HR3DR20
ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 1 (特装限定版)

RECOMMEND

B01FHCZZIC
クロムクロ ブルーレイ 第一集 [Blu-ray]

PROFILE

LINKS

RSS & CC