なつみかん。

アニメを見て気が向いたときに聖地巡礼しています。

Magic Mouseを使ってみた


(アルミ製キーボードとの相性が抜群)

アップルストアで軽く触ってみたら想像以上に使いやすかったので買ってみました。
なお、箱から開けた段階では「普通の無線マウス」としか認識されないので、ソフトウェアアップデートから「Wireless Mouse Software Update」をインストールすることが必須です。再起動したらシステム環境設定>マウス、で設定を。

マルチタッチ&360°スクロール


1ボタン(?)なのに左クリックと右クリックを区別するのは旧Mighty Mouseと同じですが、やはり表面のどこをなぞってもスクロールできるのは非常に便利です(正確にはAppleロゴの辺りまで)。iPhone / iPod touch と同様に慣性スクロールが効くのでスクロールさせることがとても快感。まさにiPhoneのタッチパネルでMacを操作しているような感覚で、特にAutoPagerizeとの組み合わせは最高です。必要があれば縦方向だけでなく横方向にもスクロールできるのも便利。

底面


マルチタッチとスクロール機能が売りですが、旧マウスに比べ接地面積が小さく滑らせやすいのも特長です。これまでは机とマウスの底を頻繁に拭いてもすぐに底面がざらついて滑らせにくくなっていましたが、Magic Mouseはとてもツルツルしていて「軽い」のです。

マウスパッド不要?


Magic Mouseは、高性能なレーザートラッキングを使っているので、標準的な光学式トラッキングエンジンと比較して、はるかに正確でレスポンス性に優れ、さまざまな表面で使えます。お気に入りのカフェのテーブルでも、ホームオフィスのデスクでも、マウスパッドなしで使うことができるのです。


らしいです。この辺は普通に使ってる分には違いが良く分かりませんが><

ワイヤレス


ワイヤレスなことは特に珍しいことではありませんが、公式には電池が4か月持つことになっているそうです。システム環境設定で電池残量を確認できます(100%で出荷されているようです)。


というわけで


まだ少ししか触ってませんが、もう元のマウスには戻れない気がしてます。マウスを使う全ての人におすすめしたい一品。近くにアップルストアがある人はぜひ体験してみては!

B002TOJHB8
Apple Magic Mouse MB829J/A

関連


アップル - Magic Mouse - 世界初、マルチタッチ対応のMagic Mouse登場。

| Mac | このエントリーをはてなブックマークに追加

Macで動画を楽しむための必須アプリ集

YouTubeやstage6など、動画のないネット生活は考えられなくなった昨今。基本中の基本ではありますが、Macで動画を楽しむためにこれだけは入れておいてほしい、というアプリを選んでみました。

最低限これだけは入れておきたい3つ


VLC



VideoLAN - Free Software and Open Source video streaming solution for every OS!

ほぼ何でも再生できる万能メディアプレイヤー。とりあえずDockに入れておけばドラッグ&ドロップで大抵の動画は見る事ができます。

Perian



Perian - The swiss-army knife of QuickTime components

MacのQuickTime PlayerはWindowsのMedia Playerと違って万能ではありません。ですが、これをインストールしておくとほぼ万能になります。YouTubeなどに使われているflvもQuickTimeで再生できるようになったりと非常に便利です。

Flip4Mac



Flip4Mac - Digital Media Tools for the Mac

Web上では非常に多いWMV形式の動画をQuickTime Playerで再生するためのプラグイン。MicrosoftはMac版Windows Media Playerの開発を停止してしまっているので、これを入れるしかありません。ですがWMVをQuickTimeで再生できるようになったりと、以前より便利になったかも?

その他、入れておくとベターなもの


DivX



Upgrade DivX For Mac - DivX Pro For Mac - Mac OS Software

高画質なStage6を楽しむために必要なプラグイン。プレイヤーはあまり使いませんが、Stage6の動画を見たりダウンロードしたりするには必須です。

SafariStand



SafariStand - hetima.com

MacのブラウザSafariの機能を大幅に拡張するプラグイン。いろいろ便利な機能はありますが、YouTubeやニコニコ動画などflvを使ったサイトでcommand+クリックだけで動画をダウンロードできるのがものすごく便利です(と言うか、ほとんど全てのFlashに対応してるらしい…)。



iSquint



iSquint - iPod Video Made Easy.

様々な形式の動画ファイルをiPod用に変換できるソフト。特にflvも変換できるのが大きいです。お気に入りの動画を外でも楽しみたい人はぜひ。

MPlayer



MPlayer - The Movie Player

VLC同様の万能プレイヤー。万一VLCでも再生できない場合はこれを使うと上手くいく場合があります。あと、VLCより軽いかも?

RealPlayer



RealPlayer - The best audio and video player - Real.com

RealPlayer形式(.rm)でしか動画を配信しないサイト用。これだけは上で挙げたどのプレイヤーでも代替不可能です。必要な人は。

| Mac | このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleのデザインコンセプト



普段は買わないデザイン誌「AXIS」を買ってみました(2006年10月号)。

メインの特集は「21世紀のインダストリアルデザイン」ですが、お目当てはトピックスの「アップルコンピュータ ジョナサン・アイヴ インタビュー」。アップルのインダストリアルデザイングループ担当上級副社長である彼に聞く、MacやiPodなどアップル製品のデザインについての興味深いお話です。

ネジの一つ一つまで


1992年にアップルに入社し、1998年の初代iMac以来多くのアップル製品のデザインを手がけてきたアイブ(とデザインチーム)ですが、ネジの一つ一つまでデザインするといった驚くほど細部にまでこだわりを見せる姿勢はその頃から変わらないようです。

例えば、MacBookについて。

ラッチ(掛け金)なしにマグネットで閉まるようにしました。片手でシームレスに開けられるようマグネットの力のバランス、そして閉まる時の音まで検討を加えました。


究極にシンプルに


MacだけでなくiPodやディスプレイ、リモコンなど、多様化してきたアップルの製品群にどうやって一貫性を持たせているのか? という質問に対しては、

デザインマニュアルのようなものはありません。(中略)しかしフィロソフィーがある。ナイーブに聞こえるかもしれませんが、究極にシンプルに、最良のものとして製品をつくるというフィロソフィーです。


Mac本体もiPodも、見た目はかなりシンプルながらも非常に機能的なデザインですが、決して「カッコイイから」とか「売れそうだから」という発想ではないのだと思います。

新しい製品をつくる際には、それに足る確固とした理由がなくてはいけません。


デザインしているのは経験そのもの


そして、単純に見た目のシンプルさを追求するだけではありません。

かたちのうえだけのシンプルさではなく、製品として、アーキテクチャー全体としてシンプルにする。まるでデザインされていないかのように、複雑な問題などなかったように、静かにアノニマスな方法で解決するのです。


「ネジまでデザインしました。どうだカッコイイだろう」といった製品が自己主張するためのデザインではなく、あたかもデザイナーが関わっていないかのような、自然でさり気なく機能的なデザイン。Macのディスプレイも「主役は画面です」と言わんばかりのシンプルさですが、全ては画面上にあるもの、メールやブラウザやiTunesを引き立てるためのデザインなのでしょう。「それが最も難しい」とも仰っていますが。

製品をデザインしながらも、自分の存在が忘れ去られるかのような、あるいは製品そのものが周りに自然に溶け込むようなデザインこそ至上のものと考えている。アイブ率いるアップルのデザインチームは何をデザインしているのか…もちろん製品を作っている事に代わりはありませんが、それは「工業製品をデザインしている」ということを超えて、それを使っている時の経験そのものをデザインしている、と言った方がより正確でしょう。

現実的に解決してきたデザインもありますが、かたちにならない方法で達成してきた事がもっとある。(中略)だが基本的には物体を超えたものをデザインしているということなのです。


例えば、iPodはどんなに曲が入っていてもいつでも好きな曲に切り替える事ができます。とてもスムーズに。Macのマウスは横から見ても卵形で、確かに半球型より持ちやすい…など、外見ももちろんクールですけど、この快適さこそ彼らがデザイン(設計)したかったものなのでは。

ソフトウェアからハードウェアまで


そしてアップルの強みは何と言っても、iPodだけではなくiTunesやiTMSなど、ソフトウェアからハードウェアまでを一貫して作っている(デザインしている)ことです。

アップルがユニークなのは、経験の全てをデザインしているということです。(中略)われわれが扱っているのは、システム全体であり、個々に孤立した製品のデザインではないのです。


これは他社にはなかなか真似できないことで、アップルのデザインに対する姿勢を表す奥深い言葉だと思います。デザインというと見た目の話かと思ってしまいがちですが、iPodなどの見た目のクールさは氷山の一角に過ぎないということ。CDからMP3(AAC)に変換してiPodへ転送、あるいはiTMSで好きな曲を選んで買ってiPodへ転送…という作業はごく自然に流れるようにできてしまいますけど、その快適な音楽生活こそまさにアップルがデザインしたもの…と言えるでしょう。

もちろん、どれも単に工業製品として見ても非常に優れたデザインで、理想を現実にしていくための新素材の研究などにも余念がないわけですが、その上で「デザインしているのは製品ではなく、経験です」と言えるところが最高にクールです。

わずか6ページの特集ですが、そこにはデザインやもの作りなどの本質が凝縮されているように思います。他業種であってもその姿勢はぜひ見習いたいものです。

1500円とやや高めですが、マカーなら永久保存版と言えるでしょう。他に「火箸風鈴」を作る職人さんの特集やセマンティックウェブの話もなかなか興味深かったです。よろしければ書店で手に取ってみて下さい。

AXIS (アクシス) 2006年 10月号 [雑誌]
AXIS (アクシス) 2006年 10月号 [雑誌]

関連


| Mac | このエントリーをはてなブックマークに追加

Macに入れておきたいスクリーンセーバー10

The Top Ten OS X Screensavers(PhillRyu.com)という記事に触発されて「Macにこれだけは入れておきたいスクリーンセーバー」を10個選んでみました。参考にして頂ければ幸いです。

Sparkly




ResExcellence | Screensavers
カラフルな光の粒子が乱舞するスクリーンセーバー。
彗星のように尾を引きながらフェードしていく様がとても美しい。
今回最もオススメしたい一品です。

LotsaWater




LotsaWater(wakaba.c3.cx)

デスクトップが水没するスクリーンセーバー。
非常にリアルな水面を再現し、まるでデスクトップが液状化してしまったかのような印象を受けます。一見の価値あり。

Fenêtres Volantes




Fenêtres Volantes

ウィンドウが3D空間内を飛び回るスクリーンセーバー。
見てるだけでも面白いですが、これの凄い所はスクリーンセーバーを解除した時に画面がフェードせず、ごく自然にウィンドウが元の位置に戻ってくるという点。まるでOSの標準機能であるかのように。10.5以降でこんな機能が採用される…かもしれない。

20世紀ボヤージ2




20世紀ボヤージ2(未来派図画工作)

20世紀に起きた歴史上の出来事を回転する地球とともに振り返るスクリーンセーバー。あまりに有名でMacユーザーなら知らない人はいないと思いますが、だって美しいですから。紹介するしかない。一応、ということで。Macを買ったら真っ先に入れておきたいソフトの一つです。

少年少女オデッセイ




少年少女オデッセイ(未来派図画工作)

西暦1400年から2000年まで、約600年の歴史の中に生きた人々や出来事を線として捉え直すスクリーンセーバー。あまりに有名とか言っておきながら2つも紹介してますが、だって綺麗ですから紹介するしかない。とにかく3Dエフェクトが秀逸で息を呑みます。未来派図画工作さんの他のスクリーンセーバーもお勧めですが、Quartz Composerのギャラリーにある作品もスクリーンセーバーとして使う事ができます(Mac OS X 10.4以降)。ぜひお試し下さい。

Helios




Screen Savers(Nick's Software Page)

しゃぼん玉や光の粒子が色を変えながらゆっくりと飛び交う幻想的なスクリーンセーバー。

ゆきスクリーンセーバー




ゆきスクリーンセーバー(TooshySoft)

夢…。夢を見ていた。(©Key)
深々と雪が降り続けるスクリーンセーバー。これも幻想的でお勧めです。
オプションで風の強さ、粉雪/ぼた雪などを設定できます。

LotsaSnow




LotsaSnow(wakaba.c3.cx)

これも雪のスクリーンセーバー。こちらは結晶が降るタイプです。
なぜ雪のものを2つも紹介したのか、それは長門…いや、特に理由はありません
関係ありませんが秋から始まるkanonも非常に楽しみです。

Shooting Star




ShootingStar ScreenSaver(apricot-sauce.net)

満天の星空流れ星を眺めるスクリーンセーバー。

Skyrocket




Screen Savers(Nick's Software Page)

3D空間を飛び回りながら立体的な花火を鑑賞するスクリーンセーバー。
数ある花火のスクリーンセーバーの中でもこれは秀逸。オプションで音も付けられます。
最後は夏らしく、ということで。

ちなみに…


OS X 10.4以降にデフォルトで入っている「RSS Visualizer」(クールにRSSを表示するスクリーンセーバー)や「iTunes Artwork」(iTunesに入ってるアルバムのジャケットを表示するスクリーンセーバー)もお勧めです。

関連


The Top Ten OS X Screensavers(PhillRyu.com)

| Mac | このエントリーをはてなブックマークに追加

SafariのRSSをOPMLでエクスポート



Safariの弱点の一つはRSSをインポートもエクスポートもできないという所ですが、実はできるらしい。

SafariからOPMLでエクスポート


  1. Export Safari RSS feeds via OPML(Test Blog)という記事のVersionsからAutomator Version 1.2をダウンロード
  2. マウントされたdmgに入っているSafariOPML.appをダブルクリック

たったこれだけです。開発者に多謝。
ただ、RSSをフォルダで分けていた場合は完全に崩れますが、これで他のRSSリーダーへの乗り換えも簡単になるはず。

試しにネット中〜上級者に評判の高いlivedoor Readerへインポート。前述のようにフォルダ構造が崩れる以外は何の問題もなく、全てのフィードを読み込むことができました。ただ、個人的にはRSS未読数をDockに表示できるSafariの方が使いやすいかなと思ったり。ショートカットとか使いこなせるとまた違うのかもしれませんが。

SafariにOPMLをインポート


逆に、SafariにOPMLをインポートしたいという場合はこちらの記事をご覧下さい。

SafariにOPMLをインポート( J's Garage)

Firefox経由で読み込めるみたいです。Sage必須。

| Mac | このエントリーをはてなブックマークに追加

SafariのRSS未読数をDockに表示する



SafariDockStatus(Burnt Out Software)

DockにSafariのRSS未読数を表示するSIMBLプラグインです。

  1. SIMBLをインストールしてない場合、まずこれをインストール
  2. 上記リンク先からSafariDockStatusをダウンロード
  3. 中に入っている SafariDockStatus.bundle を /ライブラリ/Application Support/SIMBL/Plugins/に入れる
  4. Safariを再起動。

以上です。ブックマークバーに数字で表示されるよりも視認性がぐっと高まってとても便利。ぜひお試し下さい。

| Mac | このエントリーをはてなブックマークに追加

Macでテトリス「QUINN」


Simon’s Website : QUINN

The Top Ten Most Beautiful OS X Apps(PhillRyu.com)より

いわゆるテトリスです。
Macでもテトリスのフリーソフトやwidgetはたくさんありますが、これの特長は

  • 画面がとても綺麗
  • エフェクトがとてもクール
  • ブロック/背景をカスタマイズできる
  • Bonjour でネットワーク対戦ができる

などなど。しかもこのクオリティでフリーウェアなのが嬉しい。
デフォルトのキー設定がやや使いにくいので、メニューの Game > Keyboad Setting からDropをスペースに、Move DownやMove Leftを矢印キー…などと設定すると良いかもです。

これで頑張って練習したらNintendoのイベント「宇多田ヒカルとテトリス対戦!!」で勝てる…かもしれない(かなり無理そう)。


関係ありそうな記事


YouTube - テトリス シラセモード スーパープレイ
YouTube - テトリス 松本人志vs宇多田ヒカル
宇多田ヒカルさん、テトリスDSでスコア「99999999」
牛乳ケーステトリス & 世界最大テトリス(Engadget Japanese)

| Mac | このエントリーをはてなブックマークに追加

メイリオとヒラギノを比較する

barlog ≫+||||≪ - 2/28
↑こちらでWindows Vistaに搭載される新フォント「メイリオ」の開発バージョンをダウンロードできるみたいです。というわけで早速DLしてMacのヒラギノと比較してみました。それぞれ、Mac OS X のブラウザ Safari での表示です。

メイリオ




メイリオは新ゴっぽい、と言うかややクセが強い感じ。MSゴシックよりははるかにマシですが。ただ、これはあくまでMac上での描画であり、実際Windows上ではこんな感じ(↓)かと。

<添付資料>Windowsの次期バージョンWindows Vista(TM)において日本語フォント環境を一新(Microsoft)

ヒラギノ角ゴ W3




Macのデフォルト。

ヒラギノ丸ゴ W4





ヒラギノ明朝 W3




やはりこういう文章には明朝体や教科書体が合ってると思う。
ただ、普段使うフォントとしてはゴシックの方が良いかと。


おまけ あくびん




やさしく勉強できそうな気がします。見当に(けんとう)ってふりがなが振ってある所が特に素敵。しかしあまり難しい漢字は表示されないのが難点。


※本文は夏目漱石 吾輩は猫である(青空文庫)より

| Mac | このエントリーをはてなブックマークに追加

Macで画像をまとめて保存する方法

その1 WebArchive


ページに欲しい画像がまとめて表示されている場合は、SafariのWebArchive形式で保存して WebArchive Folderizer などで展開する方法が考えられます。しかし普通は「サムネイルが一覧で表示されていて、欲しい画像がリンク先にある」ことが多いと思います。もちろん、いちいちクリックしてデスクトップにドラッグ&ドロップ…でも良いのですが、画像の数が多いときは専用のツールを使うと効率的に集められます。

その2 URLcollector


サムネイルで表示されているオリジナルの画像をまとめてダウンロードしたい場合、URLcollector(SolidBlue)というダウンロード支援ソフトが非常に役に立ちます。



  1. 起動して「コマンド+E」を押すと現在ブラウザで表示しているリンク先を抽出します
  2. 「URLソート」をクリック、欲しい画像だと思われるURLをまとめて選択して「マルチダウンロードウィンドウ」にドラッグ
  3. 「ダウンロード」。

これだけで自動的にダウンロードしてくれます。リンク先が画像でなくhtmlの場合は環境設定からリンク追跡を2段に、一部のブログのように画像が別の鯖に保存されている場合は「同一ホスト内へのリンクのみ抽出」のチェックを外して下さい。他にも「環境設定>ダウンロード」では同時ダウンロード数や保存先のフォルダを指定できたりします。高機能すぎてまだ使いこなせていませんがとにかく便利です。ぜひお試し下さい。

その3 rep2 機能拡張パック ImageCache2


某掲示板の特定のスレッドからリンクしている画像をまとめて保存したい場合、何と言ってもrep2 機能拡張パックImageCache2 が使えます。あまりに強力なので普段は封印しているのですが、一括保存したいスレッドを見つけた場合はこの機能をONにしてから再度読み込んでいます。



スレッドを読むだけで自動的に画像も収集してくれるので、あとは rep2/cache/src をデスクトップにコピーしてDBからは削除。もちろんそのまま溜めておいても良いですが、画像を見るときはHetimaZipBrowserなどのビューアを使いたいので…。

ImageCache2のインストール方法については添付の doc/ImageCache2/INSTALL.txt を参照して下さい。TigerにはSQLiteが標準で入ってるので、DSNは例の通り sqlite:///./cache/imgcache.sqlite とか書いておけば動くと思います。

ところでキミキスはやってないので良く分からないのですが、摩央姉えりりん最強という認識で間違いないでしょうか。

キミキス
キミキス

| Mac | このエントリーをはてなブックマークに追加

Macでできる「Fate/stay night」



Macで「Fate/stay night」が一応動くみたいです。ただ、

  • 画面が 800×600 → 640×480 に縮小される
  • セーブデータが流用できない
  • Windows用のコンバータしかない

という条件付きです…。そもそもVPC(またはWindows)がないと変換自体無理なので意味があるのかどうかよく分かりませんが、VPCでしかプレイしたことない人は戦闘シーンのテンポの良さに感動するはず(?)。

一応変換方法を書いておきます。「吉里吉里」用に書かれたFateのスクリプトとデータをNScripter用に変換する、という作業になります。Macだけでなく、PDAやPSPでプレイしたい人も参考になる…かもしれません。

まず材料を揃えます。

  1. 〜ポケットの中の妹たち〜からFate(XP3→NSA)データコンバータをダウンロード
  2. 午後のこ〜だをインストールして、その中にある gogo.dll を 1. の「Fate_data_converter」フォルダ内にコピー
  3. 物置き場〜(Simple is best!)から TLG Susie Plug-in をダウンロード、中にある if_tlg.spi を 1. の「Fate_data_converter」フォルダ内にコピー
  4. MSVCR71.DLLをダウンロード、 1. の「Fate_data_converter」フォルダ内にコピー

次に、データを変換。

  1. 「Fate_data_converter」フォルダ内の convFate.exe を実行。
  2. Fateのデータの入ったフォルダを選択し、音質や画質はお好みで。
  3. ただし「設定」で必ず「背景色と合成する」のチェックを外し「色を指定」で黒[0,0,0]を設定してください。コレを忘れるとキャラ絵が壊れます。詳細はSLザウでfateをプレイ(りなざうでゲームする為だけのページ)を参照。

以上で画像とBGMの変換は終了。次にシナリオを変換します。

  1. 上記のSLザウでfateをプレイ(りなざうでゲームする為だけのページ)からfate_converterをダウンロード。名前が似ていますが先ほどのソフトとは別のソフトです。
  2. 1.〜5. で作られたscenarioフォルダの中に fate_converter 同梱のnsc.exeとシナリオ生成.batを入れる
  3. シナリオ生成.batを実行
  4. 生成された 0.txt および「Fate_data_converter」にある arc.nsa〜arc4.nsa を一つのフォルダにまとめる
  5. ONScripter Launcher and Binary for Mac OS X をダウンロードしてFateのデータの入ったフォルダを選択→「OK」。
  6. 「起動」。

変換にはかなり時間がかかりますが、やはりネイティブでプレイできるのは良いです。時間があれば2週目だけはもう一度やってみたい。大人しくPS2版を待った方が良い気もしますが。

Fate/Stay night DVD版
Fate/Stay night DVD版

| Mac | このエントリーをはてなブックマークに追加

SEARCH

RECENT ENTRIES

RECOMMEND

B071KZC6CY
「君の名は。」Blu-rayコレクターズ・エディション 4K Ultra HD Blu-ray同梱5枚組 (初回生産限定)

RECOMMEND

4041047803
新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

RECOMMEND

457531188X
この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

PROFILE

LINKS

RSS & CC